2012年08月11日

金時計

訳あって、金色の時計を二つ入手。

RIMG1896.JPG
1950年代の手巻のクロノグラフ。14Kの金張りケース。

RIMG1897.JPG
1970年代製の手巻のオリス。金メッキケース。

さすがに、金無垢ではないっす(笑

高校3年の時にスウォッチと出会うまでは、
金メッキのケースの時計を使ってたんだけど(今思うと。。。苦笑)

自分の好むファッションだと、
どうしてもスポーティーな感じとか、ステンレスケースの時計に行きがちだったんだけど、
金ケースの時計も、ベルト次第では、
オッサン臭くもならず、ポップに使えるかなぁ〜〜?

と、結構考えて、
ネット注文で、届いて組み合わせるまで、ドキドキしたけど、
こんな感じに仕上げてみた。
RIMG1876-1.JPG

夏の浮かれた人仕様??(爆)
でも、無難にダークブラウンとかだと、オッサン臭くなるだろうし、
スニーカーには絶対合わない。。

まぁ、特にクロノグラフの時計の方は、
防水時計でもないし、毎日ガンガン使える訳じゃない。
だとしたら、
気分転換でつける変わり種の時計として、派手なくらいが丁度いいかな〜とね。

汗かきまくるときは、さすがにG-shockだけど〜〜〜〜
今夏はこんな時計で遊んでみてますだよ。
posted by itac at 21:42| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする