2012年10月28日

お得な使い道

昨日はタイムズプラスで、こいつを借りた。

RIMG2649.JPG

見た目嫌いだけど、借りられるなら試してみたいので、
ミニ・クロスオーバーでも借りようかと思ったけど、
あいにく、埋まってたので。

で、今回は6時間パック+延長6時間という予約にしてみた。
times.jpg

12時間パックだと6500円+1キロ15円。
6時間パック(3900円)+延長6時間(4800円)=8700円で、距離別料金なし。
150km以上走らないのならば、12時間パックの方がお得と言えばお得。。

なんだけど「6時間パック+延長」のメリットは、
早く返却したら、その分安くなるんだよね。
今回、9時間12分で返却したので、
請求金額は6300円。しかもガソリン代込み、ってのはデカイ!
(今回、290km走行)

普通に1.8Lプリウスをトヨレンで借りたら、
6時間で8400円するもんね〜〜。

ま、24時間以上借りるのなら、普通にレンタカーを使った方が、
安くは上がるけどね。

あと、カーシェアの車ってキズ多いのは難。
ま、走りの部分に影響がないならイイけど、
このプリウスも、バンパー下部の真ん中が上に持ち上がってて。。
どんなとこで当てたんだ??って感じ。

メンテをちゃんと定期的にやってるかは、心配ではあるけど、
まぁ、使いようですな。
posted by itac at 19:47| 神奈川 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ペーパードライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月21日

ゆで太郎・川崎砂子

頼んだもん・カツ玉そば(480円)

先々週、自転車で横浜・長者町のゆで太郎を通りかかった時に見かけた、
「乗せたらうまかった!かつ玉そば 480円」の看板が、
妙に気になってて(笑)

RIMG2560.JPG
川崎に行くついでに、砂子のゆで太郎で試してみようと。
街は、ハロウィン祭り。
出店が出てたり、中華料理店のあんかけチャーハンにソソラれつつも、
初志貫徹(苦笑)

RIMG2559-1.JPG
カツは、揚げおきだけど、卵でとじるのは、
注文を受けてから。
心配していたのは、コロッケそばのように、
最後の方に衣が溶け出してしまって、
肉だけ残ったら悲劇だなぁ〜と思ってたんだけど(笑)

肉が薄くて衣が厚めなので、最後までカツはカツとして
食べられたし、
卵のフワッと感がなかなかよい。

ツユに、カツ玉の油分とかが移ってしまわないかなぁ??という
心配もあったんだけど、それもなく、
ソバはソバ、カツはカツの役割分担がしっかりしている。
(なんやそら??爆)

感動する程うまくはないけど、キワモノでは決してない。
結構オススメ。
posted by itac at 20:35| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち食い・駅ソバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月19日

泣きはいる傑作

昨晩見た、孤独のグルメseason2。
傑作だな。。もうこれは、私アカデミー賞確定!!

動画もすでに上がってるけど、削除されたくないから、
敢えてリンクはらない。動画は探せ。
まとめサイト。
http://blog.livedoor.jp/kuimonnew/archives/19061911.html

season2の初回で、正直「あ、これダメかも。。。」って思ったんだけど、
第二話で、一気に盛り返したどころか、
もう、「season2のDVD-BOX」買います!確定!!!
これは。。。イイ!!!!

しかも、絶対「孤独のグルメ」の影響で100%採用された、
このcook doのCM!!(笑)

いや〜〜〜。傑作でしょう!
よっぱら〜

posted by itac at 23:36| 神奈川 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月18日

天ぷらそば ふくろう 伊勢佐木長者町

2012.10.13
頼んだもん・にしんそば 550円

中央図書館に調べ物をしに行ったついでに寄った。
今年に入ってから(確か)できたお店で、斜め向かいにも、
立ちそばがある、密かな激戦区??

そちらと迷ったんだけど、「揚げたて天ぷら」とか「にしんそば」
とか、ちょっと凝ってるかな?と思ったこっちに。
RIMG2547.JPG

内装は、黒く塗られた木(??)で、ちょっと凝ってるけど、
そんなに高級ではない。
でも、そばへのこだわりが色々書いてあり、
チェーン店ではない、ゆで太郎みたいな感じかしらね。

にしんそば
P1016481.JPG

棒にしんはもちろん、出来合い。
そばは茹でたて。
つゆが、ダシがうまくきいてて、うまい。見た目は濃いめだけど。
にしんそば用にアレンジなのか、全部、このつゆなのか??

結構うまい。
これは、長者町のゆで太郎のイイライバルになりますな(ワシの中で)
posted by itac at 07:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち食い・駅ソバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

まさしく固唾を

飲んで、息が詰まる思いで見ておりましたよ。
今年のF1 日本GP。

あと一周あったらあれ、バトンに抜かれてたんじゃないかなぁ。
今はDRSがあるからさ。
(タイム差が一秒以内に縮まると、ホームストレートでDRSが使える。
 DRS→回生システムで蓄電したものを、ブースター的に使えるもの)

残り5周は、その1秒以内の差にならないように、
結構頑張ってたよな。
でも52周目(ファイナルラップ前)に、バトンが1秒以内まで詰めて来て、
DRSゾーンに。。。
最終的には、0.5秒差で逃げ切っての、初表彰台!!!
あ、可夢偉がね!

ホント、最後数周は、
そばにあった携帯を無意識に握りしめて、無言で画面を凝視。
ホームストレートに可夢偉の姿が見えた時には、
一気に、安堵と喜びで、力が抜けた感じ。

鈴鹿で予選3位ってのも、日本人最高位だったんだね。
琢磨は4位止まりだったんだな〜〜。

でもさぁ、予選も好位置に着けて、
ちゃんと決勝も、ずっと上位でレースをして結果を出したってのは、
素晴らしい事だよね。

正直、チームメイトのペレスの3度の表彰台って、
ラッキーや、ギャンブルな戦略を取って得たもの。

ギャンブルを遂行できるのも、実力のうちだけど、
やっぱり、
リスクを負わずに上位を狙えるというのは、大事な事。
そういうレースの仕方を出来る事が、
「本当に実力で勝つ」条件だと思うのだよ。

マクラーレン移籍が決まったりで、勢いはペレスにあるけど、
可夢偉は可夢偉で、自分のレースをする。
この結果の出方は、対照的だよね。

今年は、まだ残り5戦もある!(驚)
勢いは大事。
一度表彰台に乗れれば、何かが変わるだろうし、
出せるうちに結果はだしとけっ!!

。。。。。まさかのマッサが、出し抜いて2位に来るとは思わなかったけどね。。。
最初のピットストップ次第では、2位もあったかと思うと。。
でも、最高位は最高位だ!!!

しかし、あの表彰台での可夢偉の、落ち着きのなさ。。。(苦笑)
慣れてないというのとは、なんか違うんだよなぁ〜〜〜。
ま、いいけど
posted by itac at 21:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

永遠の引退

シューマッハ、二度目の引退。
。。。。ま、三度目はないよね。

一瞬、フェラーリで一年走って花道とか、
ザウバーもあり得る??と思ったけど、冷静に見たら、ナイよな。
最多出走回数を更新する為だけに。。みたいな事がなくてよかった。


ふと思ったけど、案外、チャンピオン経験者の引き際って、
スマートじゃないよね。
記憶にある、スマートに退いたなって思うのって。。。。。。。
1993年のアラン・プロストくらい。


その後のチャンピオン経験者、
シューマッハ、ヒル、ハッキネン、ヴィルニューブ(引退組)
って、引き際は。。。みっともなかったよね。

まぁ〜〜〜、年齢なのか、信じられないミスをしたり、
結局、ニコに負け続けてた訳で。。。

下位チームのペイドライバーに比べたら、価値はあっても
トップチームで、首位争いなどをできるピークは。。。
去ってたよなぁ。。
最後にチャンピオンになったのが、もう04年。
今の若い人からすれば。。「過去の人」だよな。


。。。。いろいろ手繰ってみてた。

シューマッハがデビューした時は、ワシ、高校1年。
あの頃、スポーツ新聞を取ってる友達の家の情報が頼りだったなぁ〜〜。
ピケ&モレノのベネトンに、割って入って来た、
シューマッハとトム・ウォーキンショーがすんごい嫌いだった!!
(ウォーキンショーも、もう、亡くなったんだよなぁ)
で、92年、シューマッハが初優勝をする車「B192」に、
「なんじゃこりゃ!!」って突っ込みを入れたりね。

セナプロ時代+マンセル・ピケの4強時代も薄らかじってて、
それに続くシューマッハ王朝を。リアルタイムで追っかける事ができたのって、
幸せなのかも??

シューマッハは、デビューから引退まで、リアルタイムで見られた、
F1史に残るチャンピオン。
その後の、アロンソとかも見てるけど〜〜〜。。
アロンソは「何か持ってる」けど、
ワシ的には、シューマッハほどの何かは。。ないな。

なんだかんだいって、凄い人だ。
復帰してチャンピオン!!!なんて、なったら、
嬉しかったけど、まぁ、無理だったね。

でも、この涙や感情は本物だったろう。

だからこそ
ミハエル・シューマッハには、
よくやった、お疲れさま。
ワシは酔っぱらいだ。
といいたい。

過去の動画を見返してたら、シューマッハって。。。
7度もチャンピオンの座に就いてるだけの経験をしてるよ。
ホント。
94年って、セナ以外の、プロスト・ピケ・マンセルの4強が、いなくなっちゃって、
セナvs若手後継者って図式だったわけよね。

そんな中、セナがああいう型で亡くなり、
突然、自分がチャンピオン経験もないのに「追われる立場」に祭り上げられて、
そのプレッシャーって、尋常じゃなかったろう。

心を鬼にして「自分がF1のシンボルなんだ」って決意したからこそ、
打ち崩せないような記録を作り上げたのかな。。と。

ぶっちゃけ、嫌いだったけどね、最盛期は。
セナもそうなのさ。現役時代は大嫌いだったし、
未だ相容れない部分はあるけど、
時間が経つと、あぁ、こいつはこいつでいいとこあったね(どんだけ高飛車)
と。

。。。ハミルトンも、いずれ、そんな風に思う事があるのだろうか?
ハミルトンはジャック・ヴィルニューブ的に、自滅しそうなきがしてるけどね。

閑話休題。
長く続いた、一時代の終わりなのかな。
これで、セナと一緒に走ってた現役レーサーは、F1からはいなくなる訳だ。
まぁ、もう18年も話だから(!)、いなくても不思議ではないんだけど。。。

まだ、残り6戦。有終の美を飾れる可能性はあるぜい。
posted by itac at 23:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする