2010年06月15日

eMac起動方法

準備.予め、セットアップディスクを挿入しておきませう。

1.暖気運転を30分〜1時間する(電源ボタンを押し、HDDを回し続ける)

2.「プ〜〜〜〜〜」「ジャーン(起動音)」の後に、
  一瞬白い画面がうつって、すぐ消えるようになったら、
  一度電源を落とし、
  また再起動時に「C」ボタンを押し続けたまま起動させる。

3.そうすると、コマンド入力画面になるので「mac-boot」と入力し
 リターンキーを押す。

で、起動完了。
ハイ。こうやって起動させたeMacでこのブログを書いております(笑)

さっき、「Mac mini」が新しくなったやね。
しばらくAppleのサイトが繋がらなくなって、期待してたんだけど。。
「iMac」のアップデートは、ナシ。。。

でも、我が家のeMac、↑の起動のコツをつかんだんで、
このパターンが通用しなくなるまでは、
我慢しようかなっ。
っていうか、
起動さえ出来ちゃえば、動作に不満は全くないので、
そうなると買い替え指数が一気に下がる。

Mac OSX10.4、確かに
最近使えないアプリや見れないサイトも出てきたけど、
前のMacが駄目になった時と比べたら、
まだまだ全然使えるし、スピードも不満なし。

こうやって、時間かかっても起動できるならば、
(電源落とすと起動まで時間かかるので、今はスリープに落とす)
iMacのマイナーチェンジがあるまでは、
買う気なし!

買うとしても、型落ちで値下がりしたC2Dの現行iMacでイイ!!
安く上がるなら1円でも安くあげたいしね〜〜


posted by itac at 22:43| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac、携帯、iPod | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。