2010年11月23日

やっと見たワン

F1最終戦、やっと見た。。。

ここ数年は、地上波録画しといて次の日に見るパターン。
結果は先に知っても全然平気な人なので。
忙しすぎて、見てるヒマがなかった。


まぁ、チャンピオンの資質としては、
ウェバーよりベッテルだと思ってる。
でも、何か違和感があるなぁ。。。と感じたのは、
「ベッテルは、今年一度もポイントリーダーになったことがない」
のね〜〜。
それが意外だった。


今年、一番存在感が会ったのは、ウェバー。
。。。なんだけど、
圧倒的な存在感ではないんだよな〜〜〜。
アロンソもハミルトンも存在感を示したし、
ベッテルもまた然り。
(バトンは少し格下)

後半戦の勢いは明らかにベッテルだったし、
なるべくしてなったとでもいうか。。
ワシの中ではね。

ただ、圧倒的優位だと思ってたアロンソが、
まさか作戦ミスで順位を落として、
チャンピオンを逃すとは思わなかったよな。

シューマッハ時代のフェラーリには絶対あり得ないミス。
ロス・ブラウンがいないといってもね。
このままガタガタしてしまうか、立て直すか。。。
そこがアロンソの腕の見せ所。ですな。

来年からは、KERSの復活と、可変ウィングが出るとか???
どうなんだろうねぇ。。
ま、そんなかんじ。


posted by itac at 19:45| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。