2012年10月07日

まさしく固唾を

飲んで、息が詰まる思いで見ておりましたよ。
今年のF1 日本GP。

あと一周あったらあれ、バトンに抜かれてたんじゃないかなぁ。
今はDRSがあるからさ。
(タイム差が一秒以内に縮まると、ホームストレートでDRSが使える。
 DRS→回生システムで蓄電したものを、ブースター的に使えるもの)

残り5周は、その1秒以内の差にならないように、
結構頑張ってたよな。
でも52周目(ファイナルラップ前)に、バトンが1秒以内まで詰めて来て、
DRSゾーンに。。。
最終的には、0.5秒差で逃げ切っての、初表彰台!!!
あ、可夢偉がね!

ホント、最後数周は、
そばにあった携帯を無意識に握りしめて、無言で画面を凝視。
ホームストレートに可夢偉の姿が見えた時には、
一気に、安堵と喜びで、力が抜けた感じ。

鈴鹿で予選3位ってのも、日本人最高位だったんだね。
琢磨は4位止まりだったんだな〜〜。

でもさぁ、予選も好位置に着けて、
ちゃんと決勝も、ずっと上位でレースをして結果を出したってのは、
素晴らしい事だよね。

正直、チームメイトのペレスの3度の表彰台って、
ラッキーや、ギャンブルな戦略を取って得たもの。

ギャンブルを遂行できるのも、実力のうちだけど、
やっぱり、
リスクを負わずに上位を狙えるというのは、大事な事。
そういうレースの仕方を出来る事が、
「本当に実力で勝つ」条件だと思うのだよ。

マクラーレン移籍が決まったりで、勢いはペレスにあるけど、
可夢偉は可夢偉で、自分のレースをする。
この結果の出方は、対照的だよね。

今年は、まだ残り5戦もある!(驚)
勢いは大事。
一度表彰台に乗れれば、何かが変わるだろうし、
出せるうちに結果はだしとけっ!!

。。。。。まさかのマッサが、出し抜いて2位に来るとは思わなかったけどね。。。
最初のピットストップ次第では、2位もあったかと思うと。。
でも、最高位は最高位だ!!!

しかし、あの表彰台での可夢偉の、落ち着きのなさ。。。(苦笑)
慣れてないというのとは、なんか違うんだよなぁ〜〜〜。
ま、いいけど
posted by itac at 21:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック