2008年04月19日

これが宿命か?

このGWは、行きは寝台特急・富士はやぶさに乗るのだが、
自分が乗る日にちのB寝台は未だ空席アリアリ。
(Bソロは空いてない)

第一案で考えてた日にちも、
購入日当日はB寝台ですら速攻で売り切れたんだけど、
キャンセルが出てるようで、△マーク。

それ以外の日にちはというと、空席ばかり。。。
廃止が決まってからじゃ遅いんだよ。
と思うけど、
まぁ、自分も廃止になるなら、その前に一度。。
って思ってるクチだから、何とも言えない。。。

こないだ東京に行ったついでに、
発車を見送って来たんだけど、
いいんだよなぁ。。。。

昭和を感じる列車って、気がついたら首都圏では全廃、
田舎行ったって、結構新しい列車が。。
地元に住んでる人にとっては、快適な電車でいいんだろうけどね。

満員御礼の乗客は見込めなくても、
ここ最近の鉄道ブームもあるし、
(自分も乗ってるクチ。元々電車旅は好きだけど)

団塊の世代の定年で、
お金で快適を買うだけの旅「以外」の選択をする人も増えると思うし、
短い目でみたら、
飛行機に負けるし、車輛を新造するにはお金かかるけど、
料金を高くしても、
それに見合った、快適だけど、旅情のある車輛を作っても
いいんじゃないかなぁ。。。
「サンライズ出雲」みたいな感じでもいいしさ。


「移動した先」が旅じゃなく、
「移動手段」も旅だし、
そういう人も多い。
それを大事にして欲しいね。

ただ、採算が取れないから、切るってのは、
企業努力が足りないだけだと思うんだがね。
21世紀だからできる寝台列車の旅を作って欲しいですな。

080410_175723.JPG
posted by itac at 21:36| ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック