2012年10月18日

天ぷらそば ふくろう 伊勢佐木長者町

2012.10.13
頼んだもん・にしんそば 550円

中央図書館に調べ物をしに行ったついでに寄った。
今年に入ってから(確か)できたお店で、斜め向かいにも、
立ちそばがある、密かな激戦区??

そちらと迷ったんだけど、「揚げたて天ぷら」とか「にしんそば」
とか、ちょっと凝ってるかな?と思ったこっちに。
RIMG2547.JPG

内装は、黒く塗られた木(??)で、ちょっと凝ってるけど、
そんなに高級ではない。
でも、そばへのこだわりが色々書いてあり、
チェーン店ではない、ゆで太郎みたいな感じかしらね。

にしんそば
P1016481.JPG

棒にしんはもちろん、出来合い。
そばは茹でたて。
つゆが、ダシがうまくきいてて、うまい。見た目は濃いめだけど。
にしんそば用にアレンジなのか、全部、このつゆなのか??

結構うまい。
これは、長者町のゆで太郎のイイライバルになりますな(ワシの中で)
posted by itac at 07:04| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち食い・駅ソバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月07日

まさしく固唾を

飲んで、息が詰まる思いで見ておりましたよ。
今年のF1 日本GP。

あと一周あったらあれ、バトンに抜かれてたんじゃないかなぁ。
今はDRSがあるからさ。
(タイム差が一秒以内に縮まると、ホームストレートでDRSが使える。
 DRS→回生システムで蓄電したものを、ブースター的に使えるもの)

残り5周は、その1秒以内の差にならないように、
結構頑張ってたよな。
でも52周目(ファイナルラップ前)に、バトンが1秒以内まで詰めて来て、
DRSゾーンに。。。
最終的には、0.5秒差で逃げ切っての、初表彰台!!!
あ、可夢偉がね!

ホント、最後数周は、
そばにあった携帯を無意識に握りしめて、無言で画面を凝視。
ホームストレートに可夢偉の姿が見えた時には、
一気に、安堵と喜びで、力が抜けた感じ。

鈴鹿で予選3位ってのも、日本人最高位だったんだね。
琢磨は4位止まりだったんだな〜〜。

でもさぁ、予選も好位置に着けて、
ちゃんと決勝も、ずっと上位でレースをして結果を出したってのは、
素晴らしい事だよね。

正直、チームメイトのペレスの3度の表彰台って、
ラッキーや、ギャンブルな戦略を取って得たもの。

ギャンブルを遂行できるのも、実力のうちだけど、
やっぱり、
リスクを負わずに上位を狙えるというのは、大事な事。
そういうレースの仕方を出来る事が、
「本当に実力で勝つ」条件だと思うのだよ。

マクラーレン移籍が決まったりで、勢いはペレスにあるけど、
可夢偉は可夢偉で、自分のレースをする。
この結果の出方は、対照的だよね。

今年は、まだ残り5戦もある!(驚)
勢いは大事。
一度表彰台に乗れれば、何かが変わるだろうし、
出せるうちに結果はだしとけっ!!

。。。。。まさかのマッサが、出し抜いて2位に来るとは思わなかったけどね。。。
最初のピットストップ次第では、2位もあったかと思うと。。
でも、最高位は最高位だ!!!

しかし、あの表彰台での可夢偉の、落ち着きのなさ。。。(苦笑)
慣れてないというのとは、なんか違うんだよなぁ〜〜〜。
ま、いいけど
posted by itac at 21:14| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月05日

永遠の引退

シューマッハ、二度目の引退。
。。。。ま、三度目はないよね。

一瞬、フェラーリで一年走って花道とか、
ザウバーもあり得る??と思ったけど、冷静に見たら、ナイよな。
最多出走回数を更新する為だけに。。みたいな事がなくてよかった。


ふと思ったけど、案外、チャンピオン経験者の引き際って、
スマートじゃないよね。
記憶にある、スマートに退いたなって思うのって。。。。。。。
1993年のアラン・プロストくらい。


その後のチャンピオン経験者、
シューマッハ、ヒル、ハッキネン、ヴィルニューブ(引退組)
って、引き際は。。。みっともなかったよね。

まぁ〜〜〜、年齢なのか、信じられないミスをしたり、
結局、ニコに負け続けてた訳で。。。

下位チームのペイドライバーに比べたら、価値はあっても
トップチームで、首位争いなどをできるピークは。。。
去ってたよなぁ。。
最後にチャンピオンになったのが、もう04年。
今の若い人からすれば。。「過去の人」だよな。


。。。。いろいろ手繰ってみてた。

シューマッハがデビューした時は、ワシ、高校1年。
あの頃、スポーツ新聞を取ってる友達の家の情報が頼りだったなぁ〜〜。
ピケ&モレノのベネトンに、割って入って来た、
シューマッハとトム・ウォーキンショーがすんごい嫌いだった!!
(ウォーキンショーも、もう、亡くなったんだよなぁ)
で、92年、シューマッハが初優勝をする車「B192」に、
「なんじゃこりゃ!!」って突っ込みを入れたりね。

セナプロ時代+マンセル・ピケの4強時代も薄らかじってて、
それに続くシューマッハ王朝を。リアルタイムで追っかける事ができたのって、
幸せなのかも??

シューマッハは、デビューから引退まで、リアルタイムで見られた、
F1史に残るチャンピオン。
その後の、アロンソとかも見てるけど〜〜〜。。
アロンソは「何か持ってる」けど、
ワシ的には、シューマッハほどの何かは。。ないな。

なんだかんだいって、凄い人だ。
復帰してチャンピオン!!!なんて、なったら、
嬉しかったけど、まぁ、無理だったね。

でも、この涙や感情は本物だったろう。

だからこそ
ミハエル・シューマッハには、
よくやった、お疲れさま。
ワシは酔っぱらいだ。
といいたい。

過去の動画を見返してたら、シューマッハって。。。
7度もチャンピオンの座に就いてるだけの経験をしてるよ。
ホント。
94年って、セナ以外の、プロスト・ピケ・マンセルの4強が、いなくなっちゃって、
セナvs若手後継者って図式だったわけよね。

そんな中、セナがああいう型で亡くなり、
突然、自分がチャンピオン経験もないのに「追われる立場」に祭り上げられて、
そのプレッシャーって、尋常じゃなかったろう。

心を鬼にして「自分がF1のシンボルなんだ」って決意したからこそ、
打ち崩せないような記録を作り上げたのかな。。と。

ぶっちゃけ、嫌いだったけどね、最盛期は。
セナもそうなのさ。現役時代は大嫌いだったし、
未だ相容れない部分はあるけど、
時間が経つと、あぁ、こいつはこいつでいいとこあったね(どんだけ高飛車)
と。

。。。ハミルトンも、いずれ、そんな風に思う事があるのだろうか?
ハミルトンはジャック・ヴィルニューブ的に、自滅しそうなきがしてるけどね。

閑話休題。
長く続いた、一時代の終わりなのかな。
これで、セナと一緒に走ってた現役レーサーは、F1からはいなくなる訳だ。
まぁ、もう18年も話だから(!)、いなくても不思議ではないんだけど。。。

まだ、残り6戦。有終の美を飾れる可能性はあるぜい。
posted by itac at 23:38| 神奈川 | Comment(0) | TrackBack(0) | F1などモータースポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

吉利庵・品川駅

頼んだもん・冷やしかき揚げそば

先々週の話だけど。。。。
法事で帰省する途中で、品川駅で立ちそばを。

2Fは最近リニューアルしたんだけど、
立ち食いそば屋もリニューアル。
名前は「吉利庵」なんか小洒落てる。
RIMG2181.JPG

品川の駅そばといえば、常盤軒。
ホームに4店くらいあって、どこもイイ味出してるんだけど、
ここも、常磐軒系列みたい。

見た目が洒落てるし、
「新本格立ちそば」(byめしバナ)か??と思ったら、
あっという間、1分もかからずに出てきやがった!

RIMG2180.JPG

かき揚げは、げんこつ型で、厚みがある。
蕎麦は、生麺茹で置き。
茹でたての時間に合えば、うまいだろうけど、
若干ぼそぼそ気味。
ツユは。。。。ううむ。。。冷えてない(爆)
これは「ぬるいかき揚げそば」だ。
かき揚げは、揚げ置きモノとすれば、まぁフツー。

あぁ。。。これは残念な立ちそばだ。。
「うまい立ちそば」にも「はやい立ちそば」にも寄れないという。。。
「構内がオサレになったから、それに合わせろ」
な〜んて言われたんだろうかねぇ。。

「うまくて早い立ち食いそば」ってのは、
生麺とは別のベクトルを向いてるからね。
欲張っちゃいかんですよ。

品川で食う場合には、ホームのそば屋で食う。
それがイイそれがイイ〜〜〜。
posted by itac at 07:01| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 立ち食い・駅ソバ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

バゴォーン vs やきそば弁当

北海道で、焼きそばと言えば、当然「やきそば弁当」
東北で、焼きそばと言えば、当然。。。。かなぁ?
分からないけど、
東北・信越限定の「焼きそばバゴォーン」。

同じ、東洋水産(マルちゃん)の製品。
。。。。食べ比べてみた(笑)
(多分に「めしばな刑事タチバナ」に毒されてます)

やきそば弁当は、北海道フェアの時に買っておいたもの、
焼きそばバゴォーンは、仙台に帰省した時に買って来た。
RIMG2144.JPG

栄養成分表(見にくくてスイマセン)
全体的には、やきそば弁当の方が高いが、
これは。。。例のスープ絡みかな。。。(後述)
RIMG2145.JPG

パッケージデザインは、ほとんど同じ。
(以後、左がバゴォーン、右がやきそば弁当)
ただ、湯切り口が、
バゴォーンは丸形、やきそば弁当は角形なのだ!(笑)
RIMG2150.JPG

かやく類。
やきそば弁当は、粉末スープとふりかけが一緒になっている。
かやくは、両者中身は一緒みたい。
RIMG2151.JPGRIMG2152.JPG

湯切りをして、ソースをかける前。
バゴォーンの方が、麺が若干濃い色をしておる。
(これも、後述)
RIMG2153.JPG

ソースを混ぜて、ふりかけかけたの図。
ふりかけは同じだね。
若干、バゴォーンの方が色が濃い。
麺が濃い色なのもあるかね。
RIMG2154.JPG

写真、うっかり撮り忘れたんだけど、
スープは、レシピ通り(笑)、
やきそば弁当は、茹で汁で作り、
バゴォーンは、熱湯で作りました。

で、いざ実食!!!!(笑)
まず、匂いをかぐと、
バゴォーンの方が、やはりスパイシー。
やきそば弁当は、マイルド。

自分的には「やきそば弁当=ペヤング北海道版」ってイメージで
食べていたんだけど、
じっくり味わうと、
ペヤングの方が、少し濃くスパイシー。

麺の原材料を見ると、
共通してるのは「小麦粉・植物油脂・精製ラード・食塩・卵白」で、
それに加えて、
バゴォーンは「醤油・乾燥酵母・粉末野菜・香辛料」が入ってるのだが、
やきそば弁当は「澱粉」しか入っていない!!

なるほど、その辺が、麺の色の違いなのかな???

でも、決定的に違うのは。。。
麺でもソースでもなく、おまけでついてるスープ!!!!
↑先述したけど、
「やきそば弁当」は戻し汁をそのまま使うのに対し、
「バゴォーンのわかめスープ」は、戻し汁ではなく、熱湯を使う!

やきそば弁当は、全体的に平面的な味付けで、
ソースのスパイシー感もないけど、スープは脂っこくって、
のっぺり〜〜〜。
対して、バゴォーンは、
ソースと麺はスパイシーで、味も少し濃いめ。
でも、わかめスープは熱湯で作る事で、
サッパリと仕上がって、濃いやきそばと、さらっとスープのコンビ。。

全体的に、のっぺりしてるのが、やきそば弁当で、
比較的メリハリがあるのが、バゴォーン。。。かな。
でも。
「UFO VS ペヤング VS 一平ちゃん」のような、明確な違いはないです。
本当に、微妙な差でした。


しかも。。。一人で二個食べた訳ではナインだけど、
ワシも協力者さんも、無駄に腹に溜まって、
ワシは、胃もたれが激しく。。。。。(爆)

ズゾゾゾっと食べるにはいいけど、
味わってたべるものじゃ、ないんだな〜〜〜〜。。。
と実感しました。
普段、ざつ〜〜〜に食べる時は、何ともないのにね。

ホント。、しばらくはカップ焼きそば、休むわ〜〜〜〜。
なかなかお腹にヘビーな食べ比べでした(苦笑)


明日から、今年4度目の仙台。。。再来週は、香川へ。。
まぁバッタバタですわ。
posted by itac at 23:12| 神奈川 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 食ったもんログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする